2021/10/7

ビール止まらない塩ゆでピーナッツ 千葉の生落花生

落花生、ピーナッツに旬があるのをご存知だろうか。「ピーナッツなんて1年中食べられるものでしょ?」と思っている人も多いだろう。一般に流通している落花生の多くは乾燥した後、煎るなどして加工が施されている。腐敗の元になる水分がしっかり除去されていれば、1年くらいは十分保存できる。しかし、元は豆なので、収穫期があり、加工しない生落花生は日持ちしない。

2021/10/7

だだちゃ豆のみそ汁は「特権の味」 庄内の味(上)

ビールに枝豆と言えば、夏を代表する味だが、そんな枝豆の中でも特においしいといわれているのが山形のだだちゃ豆だ。だだちゃ豆は山形県庄内地方に位置する鶴岡市の一部地域で江戸時代から作り続けられている枝豆の品種。山形大学の研究によれば、アミノ酸類が、一般的な枝豆に比べ1.5~3倍含まれ、甘みやうまみ、香りが優れているという。

2021/6/1

地元の居酒屋で呑む 南紀の魚料理④

南紀を代表する観光地・白浜には、日本を代表する居酒屋の一つがある。「長久酒場」だ。南紀を訪れた際には、ぜひ立ち寄り、地物の魚料理を堪能したい。

2021/2/10

ひとくちニッポン食文化論36

Q 乙類焼酎と甲類焼酎の違いは何?

2019/11/19

幻の高級魚を食す 和歌山県日高町産「天然クエ」

和歌山県日高町産の天然クエ。九州ではアラとも呼ばれ、漁獲量が少なく「幻の高級魚」と言われる。脂がのった白身はもちろん、身 ...

2019/10/28

若狭の逸品「美浜へしこ」(1)

別格の鯖さば漬づけ 若狭地方「美浜へしこ」 糠ぬかまで旨い伝統の熟成文化が遺のこった理由わけ ぬか漬けといえば、一般的に ...

2020/8/10

歴史飲みのススメ:甲府の老舗そば店の総本山「奥藤本店」

今年、開府500年を迎えるという甲府。1519年、甲斐国の守護大名で武田信玄の父である武田信虎が現在の甲府市古府中に館を ...

2020/8/10

勝浦タンタンメン

朝市飲みのススメ:勝浦タンタンメンの美味い「いしい」

古くから漁師町として栄えてきた千葉県勝浦市では日本三大朝市の一つ、勝浦朝市が開催されています。毎月1日~15日は下本町朝 ...

2020/6/22

世界遺産飲みのススメ:昭和な雰囲気の町中華「ふくじん」

富士山を仰ぎ見る静岡県富士宮市は、全国に約1300社ある浅間神社の総本社である富士山本宮浅間大社の門前町として栄えてきま ...

2020/6/22

食堂飲みのススメ:東京・蒲田の「まるやま食堂」

会社の近くのお気に入りの食堂で、あるいは出先で見つけた食堂で、あわただしくランチをすませて仕事に戻る。そんな毎日が続く中 ...

Copyright© 日本食文化観光推進機構, 2021 All Rights Reserved.