発酵食

2022/3/25

世界一・佐伯寿司 「おさかな天国」を満喫

大分県佐伯市は、江戸時代から「佐伯の殿様、浦で持つ」と言われ、日向灘の荒波と豊後水道に育まれた海の幸に恵まれた土地柄だ。 ...

酒びたしからはらこ飯まで 新潟・村上の鮭

新潟県村上市は「鮭」と「酒」の名産地として知られる。同市を流れる三面川(みおもてがわ)は、鮭の遡上する川として知られると ...

2022/1/5

生魚を使わないごちそう 人気居酒屋で食べる会津の味

鉄道網や道路網が発達、コールドチェーンも整って、今では日本全国どこでも同じ食材を使った、同じ調理法の料理が食べられるよう ...

2021/12/14

新宮・さんま寿司 南紀の魚料理②

豊かな海に恵まれた紀伊半島、南紀の食。前回紹介した串本のかつお茶漬けに続き、今回は新宮のさんま寿司を紹介する。

2021/4/30

液体調味料に船は不可欠?

酢としょうゆ。明治以前から日本の食卓で愛され続けた和の調味料だが、全国各地に地酒の蔵が点在する日本酒と比べ、ともにナショナルブランドを持つ大手メーカーの市場占有率が高い商品でもある。現在ほど物流が発達していなかった明治以前、酢やしょうゆはどのようにして全国に流通し、寡占化が進んだのか。

2021/3/8

ひとくちニッポン食文化論15

知れば知るほど面白い日本の食文化にまつわる豆知識。 あなたはご存じでしたか? 食文化クイズ⑮ 【納豆の歴史】 Q 「桜納 ...

2020/9/14

「納豆通」ならぜひ食べたいプレミアム納豆

東日本は納豆好き、西日本は納豆嫌い──。納豆は食の地域性を語る際によく引き合いに出される食品だ。現在NHKで放映中の朝の ...

2020/7/15

若狭の逸品「美浜へしこ」(3)

古くて新しい「へしこ」 寿司、茶漬けはもちろんパスタやサンドイッチも絶品 福井県にゆかりのない人で、へしこを食べたことの ...

2020/1/28

若狭の逸品「美浜へしこ」(2)

漁師宿の女将たちが代々受け継ぐへしこの製法を共有 「女将の会」は糠漬の匠 へしこは、以前は家庭でも作られていましたが、現 ...

2019/10/28

若狭の逸品「美浜へしこ」(1)

別格の鯖さば漬づけ 若狭地方「美浜へしこ」 糠ぬかまで旨い伝統の熟成文化が遺のこった理由わけ ぬか漬けといえば、一般的に ...

2019/10/28

Copyright© 日本食文化観光推進機構, 2022 All Rights Reserved.