甲府第2回

ソースカツ丼文化圏を旅する ~山梨県 甲府市~(2)

投稿日: (更新日:

第2回(全2回)

発祥のカツ丼

山梨県甲府市は全国で唯一、味のついていないとんかつが載るカツ丼です。一般的な卵とじのカツ丼は「煮カツ丼」と呼ばれ、甲府市民のあるあるネタとして、東京でカツ丼を初めて頼んだ時、卵とじカツ丼が出てきて、「すみません、煮カツ丼頼んでないんですけど・・・」「は?」といったやりとり、実際に言葉にされた方は多くはないかもしれませんが、経験された方は少なくないようです。

カツ丼なのにポテサラが載る
カツ丼なのにポテサラが載る

甲府のカツ丼は明治30年代に誕生したとされていますが、正確な発祥年は定かではありません。しかし、これまでカツ丼の発祥説とされていたのはいずれも大正時代なので、甲府がカツ丼の発祥の地といえるでしょう。

奥村本店

奥村本店

そのカツ丼の発祥のお店「奥村本店」は、江戸時代から続く老舗のそば屋。カツライスをそのまま載せたかのような甲府流のカツ丼と煮カツ丼がメニューにあります。甲府のカツ丼は何もかかっていないので、自分でソースをかけていただきます。ソースはウスターソースととんかつソースがお盆で一緒に運ばれてきます。

黒のソース差しはとんかつソース
黒のソース差しはとんかつソース

ウスターソースは酸味のきいたスパイシーでさらっとしたソース。洋食のポークカツレツ的な細かなパン粉なので、ウスターソースとの相性はとても良いです。またとろみのある甘めのとんかつソースもトンカツを美味しくいただくのにはうってつけです。何よりうれしいのはその両方を楽しめることなのです。

奥村本店2

ところでメニューにはかつ定食もあるのですが、なぜこのスタイルが現在まで残っているのか、素朴に疑問に感じました。理由を伺ってみると、もちろんお客さんから注文があるからこそ、元祖のカツ丼もメニューに残っているわけですが、こちらのご主人自身が、ソースがトンカツの油と混ざってご飯に染み込み、それが子供の頃に大好きだったとのこと。

■純手打ちそば 奥村本店

  • 山梨県甲府市中央4-8-16
  • 055-233-3340
  • 水曜定休 年始元日から三日
  • 11:30〜21:00 日祝11:30〜20:00
奥村本店外観

※コロナ禍で定休日・営業時間が変更になっている場合があります。来店の際は事前にご確認ください。

奥藤(おくとう)本店

奥藤本店

奥村からのれん分けで独立した奥藤は、そばはもちろん、今や甲府のご当地グルメとして人気の高い甲府鳥もつ煮の発祥のお店としても知られています。1913(大正2年)創業の老舗で、多くののれん分けのお店を輩出。奥藤本店としては甲府駅前に創業、その後国母店に移転し、2011(平成23)年に甲府駅前店を創業店の場所の向かい側にオープンさせました。元祖の甲府鳥もつ煮はもちろん、ほうとうや馬刺しなど、郷土の名物料理も堪能できる名店です。

奥藤本店2

こちらも創業時からカツ丼を出されていたようで、創業店の別館の前には「カツ丼」の看板が出されています。今回、4代目のご主人塩見大造氏から、先代の良造氏の書き残された手記を拝見させていただき、カツ丼と煮カツ丼が甲府に併存するきっかけとなった理由が判明しました。

とんかつソースで頂く奥藤の甲府カツ丼
とんかつソースで頂く奥藤の甲府カツ丼

手記によると、戦後甲府でカツ丼といえば、明治から続くいわゆるカツライス丼だったそうです。しばらくして東京と甲府の便が良くなってきたころ、駅前のお店で東京から来たお客さんがカツ丼を注文し、出てきたどんぶりを見て怒り出しました。「これはカツ丼じゃない!」。何のことかわからず話を聞いてみると、東京では卵でカツをとじてあるのをカツ丼ということがわかり、それから卵でとじたカツ丼を「東京カツ丼」、甲府のカツライス丼を「甲州カツ丼」として、出すようになったとのこと。メニューに卵でとじたカツ丼が載ったのはこちらが初めてだったようです。

東京・上野の老舗そば店「翁庵」の正統派卵とじ
東京・上野の老舗そば店「翁庵」の正統派卵とじ

その後いつの間にか、東京カツ丼は煮カツ丼となり、甲府の人にはやはりカツライス丼が人気で、卵とじカツ丼にとってかわられることなく、食堂などでも両方のメニューがあることが定着したと考えられます。

こちらのカツ丼はパン粉の目が粗めで、とんかつソースで頂きます。千切りキャベツやレタス、レモンが添えられ、ソースはカツからご飯に滴るようにかけ、ソースが少し染みたご飯と一緒にかきこむのがおすすめです。

■奥藤(おくとう)本店

国母店
  • 山梨県甲府市国母7-5-12
  • 055-222-0910
  • 水曜定休
  • 11:00〜14:30(LO14:15)
    17:00〜20:30(LO20:15)
奥藤国母店

※コロナ禍で定休日・営業時間が変更になっている場合があります。来店の際は事前にご確認ください。

甲府駅前店
  • 山梨県甲府市丸の内一丁目七番四号
  • 055-232-0910
  • 木曜定休
  • 11:00~14:30(LO14:15)
    17:00~20:30(LO20:15)
奥藤甲府駅前店

※甲府駅前店では2020年10月現在、カツ丼の提供を休止しています。
※コロナ禍で定休日・営業時間が変更になっている場合があります。来店の際は事前にご確認ください。

独特なカツ丼が定着するまち

甲府の方はご家庭ではトンカツはおかずとして食べ、カツ丼は卵とじが一般的なようです。またスーパーなどの弁当には卵とじ、カツライススタイル共にあるようで、全国的に見ても独特のカツライス丼というスタイルのカツ丼は、しっかり定着しているようです。


ソースカツ丼文化圏を旅する ~山梨県 甲府市~(1)

第1回(全2回) 武田信玄ゆかりのまち甲 ...
続きを読む
甲府第2回

ソースカツ丼文化圏を旅する ~山梨県 甲府市~(2)

第2回(全2回) 発祥のカツ丼 山梨県甲 ...
続きを読む


Copyright© 日本食文化観光推進機構, 2020 All Rights Reserved.