世界遺産飲みのススメ:昭和な雰囲気の町中華「ふくじん」

投稿日: (更新日:

本格派の麻婆豆腐に、締めの「富士宮やきそば」

ちょっと驚いたのが「マーボー豆腐」。黒大豆の発酵調味料である豆鼓(とうち)、別名四川山椒とも言われる花椒(ホアジャオ)といった中華食材を使った、本格派の四川風麻婆豆腐です。辛さと痺れのパンチが効いていて、食べていると汗が噴き出してきますが、箸が止まらない辛旨な逸品です。

マーボー豆腐 900円

富士宮での締めはやはり富士宮やきそばです。こちらの富士宮やきそばはフライパンで仕上げるタイプですが、コシがしっかりしているのはもちろんですが、味はあっさり目に仕上げてあります。富士宮流のだし粉というイワシの削り粉をかけ、お好みで自分でソースを足して食べてもいいそうです。

富士宮やきそば 600円

東京での修業後、昭和48年(1973年)に創業。地元ではよく知られた中華の老舗ですが、路地裏の名店ともいうべきお店。こちらに飲みに来る方には、ご主人がその日選んだ隠しメニュー的なおつまみが用意されていることもあるそうです。近くにあったら常連になりたい、そんなお店です。

少し遠出して、富士の雄大さと浅間大社に心洗われる世界遺産飲み、ただただ雄大さに感激しながら美味しいビールと一緒にいただければおいしさは、格段にアップ。

穴場の中華食堂でビールを一杯。

こんなビールの楽しみ方もありますね。

ふくじん

住所:
 静岡県富士宮市東町14-3
電話番号:
 0544-27-7162
営業時間:
 11:00~14:00、16:30~22:00
定休日:
 月曜

Copyright© 日本食文化観光推進機構, 2021 All Rights Reserved.