世界遺産飲みのススメ:昭和な雰囲気の町中華「ふくじん」

投稿日: (更新日:

富士山を仰ぎ見る静岡県富士宮市は、全国に約1300社ある浅間神社の総本社である富士山本宮浅間大社の門前町として栄えてきました。世界遺産登録で国際的にも注目を集め、2017年にオープンした富士山世界遺産センターをはじめ、今や多くの外国人観光客も訪れる街です。今回は首都圏から足を延ばして、いわば“世界遺産飲み”、富士宮市の中華料理「ふくじん」を訪ねます。

静岡県富士宮市

国内では日本を代表するご当地グルメ「富士宮やきそば」の町といっても過言ではないと言え、全国的な知名度も高いと言えます。市内には少なくとも180軒以上の富士宮やきそばを提供するお店があり、駄菓子屋さんから食堂、鉄板焼きのお店、中にはスナックまであるそうです。今回地元で紹介された「ふくじん」は中華料理のお店です。

決して広くはない店内ですが、本格的な中華料理が食べられる地元で人気の老舗です。まずは乾杯です。

中華食堂での飲みは目移りしてしまいそうな中華のメニューから選ぶのも楽しみの一つです。

餃子もシュウマイも餡がたっぷり、ビールが進む

店内は昭和な雰囲気の町中華の風情。まずは餃子からいただきます。手作りの餃子は餡(あん)がたっぷりで、厚めの皮はカリッとクリスピーな感じでしっかり焼き上げられています。

餃子 500円

シュウマイも同じく手作り。肉シューマイですが餡が皮からはみ出してしまいそうなほどたっぷり。一つ一つが大きく食べ応えがあります。ああ、ビールが進むこと。

シューマイ 500円

そして、「木耳(キクラゲ)とニラの玉子とじ」。見た目にもっと黄色いイメージを持っていたのですが、手元に来てみるとちょっと贅沢な感じで、キクラゲとニラの多さにびっくりします。余計なお世話ですが、ずいぶん原価がかかるのではないかと心配してしまいます。ごま油がふわっと香り、味付けはシンプルな塩味ですが、卵で優しく包まれているようでいい塩梅です。

木耳とニラの玉子とじ 650円

次のページへ >

Copyright© 日本食文化推進機構, 2020 All Rights Reserved.