シメのちーたんは忘れずに「盛岡じゃじゃ麺」

投稿日: (更新日:

盛岡は麺料理が美味しい土地柄だ。わんこそば、盛岡冷麺、じゃじゃ麺は「盛岡三大麺」と呼ばれ、同地を訪れる観光客には人気のメニューだ。日本そばは、冷涼な気候で米に恵まれなかった南部藩ならではの由来を持つが、冷麺、じゃじゃ麺もやはり、盛岡の土地柄を映したご当地グルメだ。

盛岡冷麺は鉱山が由来

旧南部藩の領地には鉱山が多く、そこでは朝鮮半島から連れてこられた多くの労働者が、その食文化を持ち込む傾向があった。冷麺のルーツだ。また、米作に恵まれなかったが故に、昭和初期には旧満州、現在の中国東北部とのつながりが強く、満州から帰ってきた人々が持ち帰った食文化が盛岡のじゃじゃ麺や遠野のジンギスカンのルーツになっている。

「栗林」のじゃじゃ麺

じゃじゃ麺は、小麦を原料とするゆでた温かい平麺の上に、キュウリやネギ、特製肉みそを全体によく絡めて食べる盛岡ならではの麺料理だ。そのルーツになっているのが、中国東北地方の麺料理・炸醤(ジャージャー)麺だ。じゃじゃ麺の元祖と言われる、盛岡の人気店「白龍(パイロン)」の創業者、高階貫勝(たかしな・かんしょう)さんが、現地で食べた炸醤麺をもとに、盛岡に引き揚げてから、地元の人の舌に合わせてアレンジしたのがじゃじゃ麺のはじまりと言われている。

特製肉みそは酒のつまみにも

味の決め手となるのは、特製肉みそ。「白龍」では、ひき肉、ゴマ、シイタケ他多くのの材料を混ぜ込んで炒め、寝かせた秘伝のみそと合わせる。うどんとも言えず、かといって中華麺ともまた違う、独特なもちもちとした食感の平打ち麺がこの肉みそと合わさると、絶妙に中毒性の高い味になるから不思議だ。

麺にまんべんなく肉みそが絡んだら食べ頃

じゃじゃ麺は、その食べ方も特徴的だ。運ばれてきたじゃじゃ麺は純白の平打ち麺の上に、キュウリの緑、肉味噌の深い茶色、そして皿の縁に添えられた紅ショウガの深紅が見事なコントラストを描く。薄く刻んだネギにおろしショウガも加わる。これを、れんげと箸を使ってよくかき混ぜる。麺にまんべんなく肉みそが絡みついたら食べ頃だ。まずは、これを味わう。麺のくせのなさが、肉みその味をしっかり受け止める。

いいシゴトしてます

肉みそはけっこう濃厚だ。中華料理店で食べるジャージャー麺の感覚で入れてしまうと、味が濃すぎになってしまうので要注意だ。そして時折かじる、真っ赤な紅ショウガが口の中に広がった肉みその味をほどよくリフレッシュしてくれる。ビジュアルだけでなく、味の面でも、この「ワンポイント」が絶妙だ。

酢やラー油、おろしニンニクなどで「味変」

しばし「素の味」を楽しんだら「味変」だ。好みで、酢やラー油、おろしニンニクなどを加え、自分だけの味を作り出し、味わう。多くの店では、テーブルに小鉢に入った肉みそが用意されているので、これを足して、肉みその味を強くするのもまた一興だ。

少し食べ残して卵を割り入れる

そして、最後は「鶏卵湯(ちーたんたん)スープ」でシメる。これは、本場の炸醤麺にも、日本の中華料理のジャージャー麺にもない、じゃじゃ麺独自の食べ方だ。まず、じゃじゃ麺は食べ尽くさない。少しだけ食べ残す。たいがいの店では、テーブルに生卵が常備されている。これを自分で割り入れ、箸で崩す。食べかけの箸も添え「チータンお願いします」と言ってお店の人に差し出す。しばらく待つと、ここに麺のゆで汁を入れて、手もとに戻ってくる。よく見ると、薬味や肉みそも追加されている。

美味しいちーたんたんのできあがり

溶いた卵に、絶妙に熱が加わり、スープの中で美味しそうにゆらゆら揺れている。このスープがなんとも言えない味わいだ。ちょっと食べ残したキュウリもいい塩梅になる。ただゆで汁を加えただけなのに、絶妙なシメのスープになるのが、「鶏卵湯(ちーたんたん)スープ」の魅力だ。

歴史を感じる「白龍本店」

最近では、東京でも食べられるようになったじゃじゃ麺だが、やはり本場・盛岡で味わうとひと味違う。ぜひ、岩手を訪れた際は食べてみてほしい。人気が高い「白龍」は、盛岡駅ビルの「フェザン」内にも支店があるが、ぜひ、盛岡城跡公園そばにある本店を訪ねてほしい。その店構えからは、盛岡市民に長く愛されてきた伝統がひしひしと伝わってくる。

じゃじゃ麺が目の前でちーたんになる

カウンター越しに調理風景を眺められるのもいい。皿にゆで汁が注がれ、ちーたんができあがる様もまぢかで見られる。じゃじゃ麺の歴史に裏付けされたおいしさを肌で感じることができるのだ。

盛岡市郊外にある「栗林」

もちろん、じゃじゃ麺は観光客向けのメニューではない。地元の人たちが普段から食べている日常食だ。食べ慣れた地元の人たちが選ぶ店を探して訪ねるのもいいだろう。今回は、市内南部、東北自動車道盛岡南インターチェンジそばにある「栗林」を訪ねた。じゃじゃ麺専業ではなく、ラーメンも手がける店だが「盛岡でいちばんおいしいじゃじゃ麺」と言う人もいるほどだ。

ぜひ盛岡でじゃじゃ麺を

「いつものね」のひと言で出てきた大盛りのじゃじゃ麺を黙々とすする燐客の姿に、まちなかの人気店では感じることのできない、地元民の「じゃじゃ麺愛」が伝わってきた。盛岡を訪ねた際には、ぜひあちこち食べ歩いてみてほしい。

Copyright© 日本食文化観光推進機構, 2022 All Rights Reserved.