広島人は辛味好き? 汁なし担担麺と激辛つけ麺

投稿日:

広島の麺料理というと豚骨スープの広島ラーメンが有名だが、近年、広島市内では2種類の麺料理が人気になっている。汁なし担担麺と激辛つけ麺だ。いずれも、人気が高まったのは、平成以降のこと。どちらも個店のメニューではなく、多くの店で提供されている点が特徴だ。

広島・薬研堀の「キング軒」で食べた汁なし担々麺
広島・薬研堀の「キング軒」で食べた汁なし担担麺

ご存じの方も多いかとは思うが、本場中国では、担担麺といえば汁なしが一般的だ。ゴマを効かせたスープ入りの担担麺は、実は日本で誕生したもの。本場四川省の担担麺は汁なしで、山椒とトウガラシ、いわゆる麻辣、辛さと痺れを併せ持つ味だ。広島の汁なし担担麺は、この四川省の担担麺に近い味わいを持っている。中区舟入川口町にある「汁なし担担麺 きさく」が元祖と言われている。

東京・神保町にある「中華そば くにまつ」
東京・神保町にある「中華そば くにまつ」

そんな広島の汁なし担担麺を一挙に有名にしたのが、広島の中心市街地・広島市中区八丁堀にある「中華そば くにまつ」だ。「中華そば くにまつ」の汁なし担担麺は、東京でも食べられる。神保町の支店に行ってみた。

「中華そば くにまつ」の汁なし担々麺
「中華そば くにまつ」の汁なし担担麺

食べたのは、汁なし担担麺の元味。元味は、広島そのままの味だとか。温泉卵とご飯を添えて食べる。辛さは注文できるが、デフォルトはレベル2とのこと。デフォルトの味を確認しよう。

良くかき混ぜてから食べる
良くかき混ぜてから食べる

食べ方は、まず、良くかき混ぜること。加えて、ラー油、酢、山椒などを好みで加え、自分好みの味にしていく。広島汁なし担担麺の真骨頂は麻辣なので、ラー油と山椒をあとがけして食べてみる。

山椒をたっぷりと
山椒をたっぷりと

辛さはややマイルド。山椒はやはりたっぷりかけた方がおいしい。途中で酢を加えるといい感じの「味変」になる。

卵を崩して「味変」
卵を崩して「味変」

しばらく食べ進んだ後で、温泉卵を崩す。黄身の甘みが、辛さをマイルドにする。

最後は残ったたれでご飯を
最後は残ったたれでご飯を

麺を食べ終えると、たれと卵の残骸が皿に残る。ここに白いご飯を投入する。よくかき混ぜて、残ったたれをなじませてからいただく。少ししょうゆを垂らすと、いい感じの味付きご飯になる。

「キング軒」のテーブルにはトウガラシも
「キング軒」のテーブルにはトウガラシも

さらにもう1軒。現在、汁なし担担麺で最も知名度が高いのは「キング軒」ではないだろうか。中区大手町に本店を構える「キング軒」は、東京にも芝公園に支店を持つほか、銀座にある広島県のアンテナショップ「tau」の1階にも出店している。

丼いっぱい緑色
丼いっぱい緑色

「キング軒」は1辛から4辛まで、選んで注文する。トッピングは温泉卵やネギが追加できる。ネギを大盛りにすると、丼いっぱい緑色になる。

ラー油や山椒、トウガラシを加えて、自分好みの味に
ラー油や山椒、トウガラシを加えて、自分好みの味に

これにやはり、ラー油や山椒、トウガラシを加えて、自分好みの味に仕上げていく。もちろん、ご飯も注文できる。「tau」の売り場には、「キング軒」はじめ、自宅で食べられる汁なし担担麺も販売されている。また、後述する激辛つけ麺も自宅用に購入できる。

真っ赤なつけ汁が特徴の広島つけ麺
真っ赤なつけ汁が特徴の広島激辛つけ麺

一方、激辛つけ麺は、その名の通り、辛いつけ汁が特徴。市内電車の入船町電停そばにある「新華園」が元祖と言われている(ただし、「新華園」でのメニュー名は冷麺)。しょうゆベースのつけだれに唐辛子やラー油、酢が入った、かなり辛めの味付けが特徴だ。ごまがたっぷりと入る点も個性的だ。

麺は中太のストレート麺
麺は中太のストレート麺

東京のつけ麺の多くは太麺だが、広島激辛つけ麺は、中太のストレート麺。これを冷水で締めて皿に盛り、その上にチャーシューや野菜をトッピングする。冷やしたゆでキャベツとキュウリ、細切りにしたネギが特徴で、まっ赤なスープがなければ、冷やし中華にも似たビジュアルになる。

「tau」で購入、自宅で広島の味を再現
「tau」で購入、自宅で広島の味を再現

汁なし担担麺同様、辛さを選べるシステムだ。辛みの苦手な人は別だが、やはり辛さが強い方が、より「らしさ」が出る。辛さの向こう側にあるだしのうまみと酢の酸味がくせになる。

宮崎「桝元」の辛麺
宮崎「桝元」の辛麺

まっ赤な漬け汁の見た目は、宮崎の辛麺にも似たインパクトがある。汁を麺に絡ませると、その赤さだけで唾液が出てくるほどだ。

野菜たっぷり
野菜たっぷり

写真を見れば分かるとおり、野菜たっぷりで、実はとてもヘルシー。麺が冷たいこともあり、とても食べやすい点も特徴だ。

「ばくだん屋」の広島つけ麺
「ばくだん屋」の広島激辛つけ麺

チェーン店の「ばくだん屋」は広島市内だけでなく、福山や香港にも支店がある。また、東京でも何店かで提供されている。

池袋の「とんがらし」で食べた広島流つけ麺
池袋の「とんがらし」で食べた広島流つけ麺

辛いもの好きなら、ぜひ食べてみてほしい。

Copyright© 日本食文化観光推進機構, 2020 All Rights Reserved.