郷土料理

2024/5/15

お米の国のご飯の供 「南魚沼きりざい丼」

雪深い地域や山深い地域では、独特の食文化が生まれやすい。干し魚や漬物、干し野菜といった類いで、雪に埋もれることで食材が手 ...

色鮮やかな祝いの食 「富山のかまぼこ」

富山湾は、変化に富む海底の地形、海流から、「天然のいけす」とよばれるほどに水産資源が豊かだ。かまぼこなどの魚のすり身を使 ...

2024/5/15

丸々一匹串焼きに 「若狭小浜の浜焼き鯖」

鯖はマグロやアジなどと並ぶ世界的に消費量の多い大衆魚だ。塩焼きや味噌煮、さらには鯖寿司など全国各地で様々な調理法で食べら ...

2024/4/19

漁夫のプリン「銚子の伊達巻」

お正月のおせち料理などとして、全国で広く食べられている伊達巻。白身魚やエビのすり身に卵黄や溶き卵、出汁を加えてよく混ぜ、 ...

2024/3/8

元気です、食べに来てください 「金沢美味探訪」

元日の北陸を襲った能登半島地震。輪島の朝市通りを大規模火災が襲い、揚浜式製塩がストップするなど、その被害は大きい。特に水 ...

2024/2/16

畑の恵み、温か鍋に「かわじま呉汁」

埼玉県川島町は、川越市や東松山市、上尾市など東京のベッドタウンに囲まれた、埼玉県のほぼ中央に位置するまちだ。都心から約4 ...

2024/1/30

アルデンテを楽しむ「八戸せんべい汁」の作り方

寒さが厳しさを増すと恋しくなるのが鍋料理。寄せ鍋や湯豆腐など、手軽に美味しくあたたかくいただける鍋料理は、冬の定番家庭料 ...

2024/1/26

和の味、無限大「佐伯ごまだし」

宮崎県と県境を接する大分県南東端に位置する佐伯市。昭和に入り海軍基地ができると、軍都として発展した。戦中は空襲に見舞われ ...

2024/1/26

ありがとうのおもてなし 「盛岡のわんこそば」

前回、2023年1月にアメリカのニューヨーク・タイムズ紙が岩手県盛岡市を「2023年に行くべき52か所(52 Place ...

2023/10/6

身近な食材で「ハレの日」の食 「千葉の太巻き寿司」

千葉県というと、多くの人が海のイメージを抱くだろう。九十九里海岸に代表される豊富なビーチは、かつては海水浴で、近年はサー ...

2023/10/6

愛され続ける「ビールの友」 「浜田の赤てん」

海に囲まれた島国・日本には、宮城県の笹かまぼこや愛媛県のじゃこ天、静岡県の黒はんぺんなど、全国各地にご当地ならではの魚の ...

2023/9/4

たたら製鉄が生んだごちそう 「雲南の焼きサバ」

島根県雲南市は、海に面した松江市、出雲市の南、一部広島とも県境を接する内陸に位置する。特に南部は山深く、冬は雪も多い。そ ...

2023/9/4

Copyright© 日本食文化観光推進機構, 2024 All Rights Reserved.