カツ丼をめぐる冒険(1)カツ丼は明治時代に甲府で誕生した!

投稿日: (更新日:

カツ丼大正時代発祥説を覆す?甲府の明治発祥説は20年前の地元紙から

いまや国民食の一つともいえるカツ丼。カツ丼といえば卵とじというのが一般的なイメージだろう。ところがカツ丼といえばソースカツ丼を指す地域が福島・群馬・長野・福井の一部にある。更に卵でとじないカツ丼は、醤油だれのカツ丼が北海道、新潟、群馬の一部、デミグラス・ケチャップ系ソースが岡山・岐阜の一部などに存在する。

全国的には卵とじカツ丼がスタンダードで、非卵とじは一部の変わり種、という勢力図になっている。そのためソースカツ丼などは卵とじカツ丼から派生した丼だと思っている人も少なくないだろう。

ところがカツを載せたどんぶりものを「カツ丼」と呼ぶのなら、ソースカツ丼のほうがむしろ誕生が古いといわれている。また各地域のカツ丼の歴史を紐解いてみると、卵とじカツ丼とソースカツ丼は全く別の道筋で進化を遂げており、どちらかが先に生まれて、それが進化・変化したというものではないようだ。

さてカツ丼発祥には現在まで3つの定説がある。ソースカツ丼説が二つ、卵とじカツ丼説が一つだが、それぞれ早稲田界隈で大正時代に生まれたものとされている。

3つの発祥説は改めて紹介するとして、これら早稲田大正発祥3説に対して、あまり知られていないが、今から20年以上前の1995年9月の甲府の地元紙「山梨日日新聞」で、明治30年代後半に甲府の蕎麦の老舗「奥村本店」でカツ丼が提供されていたことが紹介されている。

甲府市・奥村本店のカツ丼

ここで甲府のカツ丼を説明しておきたい。甲府のカツ丼はいわばカツライス丼。卵でとじないカツ丼は、全てソースなり醤油なりで味付けされた状態で提供されるのだが、甲府では全国で唯一、揚げたままのトンカツが丼に載せて提供され、自らソースで味付けする。

ソースカツ丼であればキャベツが載る例は多いが、甲府ではポテトサラダ、トマト、レモン、パセリなど、カツ丼には見慣れないものが丼に収まる。

次のページへ >

Copyright© 日本食文化推進機構, 2020 All Rights Reserved.